専攻科

在宅看護論実習(専攻科)

6月2日(金)   在宅看護論実習2年生が会津保健福祉事務所に行ってきました。

いつもは病院で疾患の治療のために入院されている患者さんを受け持つ実習ですが、今日は健康増進や疾病予防という視点でいろいろな事業をしている保健福祉事務所で、貴重なお話を聞くことができました。

最後に学習した内容をグループで話し合い、活発な意見交換をしました。

【 学生の感想】

保健所は犬や猫を保護しているイメージが強かったが、今日は各課のくわしい事業内容を聞いて、私たちの生活に密接に関係していることがわかった。これからは看護師として、他の専門職の仕事内容を理解し、多職種の連携がとれるようにコミュニケーション能力を磨いていきたいと思った。

保健福祉事務所の実習で、福島県の各市町村の統計や地域ごとの問題点がわかった。地域包括システムについて、再度学ぶことができ、健康なまま地域で生活できることの大切さがわかった。看護師は地域でも必要とされていて、訪問看護師として活躍できるようにがんばりたい。